家族が集いやすい間取りを考える

スポンサードリンク

リビングを家の重心に据える「住まいは子どもの原風景。どんな家でどう暮らしたかは、その成長や価値観に大きな影響を与えます」。これから原風景となる家づくりにあたっては、「子どもにとってどうなのか」を充分に配慮すべきです。とりわけ重要な要素になるのはリビングです。

一見逆説的なようですが、中心に考えたいのは、『子ども』よりも前に『家族』。いうまでもなく、子どもは家族の一員ですし、家は家族がいっしょに生きるための場所。家族が家という舞台で、家族としてきちんと機能していてはじめて、子どもは人間的に豊かに育つからにほかなりません。

 それでは、家族が家族として機能するためには、どんな家づくりをすればいいのかというと、「家族が集うリビングに重心のある家」だと断言できます。家の中で気持ちのいい場所、くつろげる場所にリビングを配置し、そこが重心になるように家全体の間取りを考えていく。とはいっても、ここでいうリビングは何も立派である必要はありません。いわゆるテレビがあって、ソファセットがあって……というお決まりのスタイルである必要もありません。いえ、むしろそこに疑問を持つべきなのです。「そもそも、どこの家も同じようなリビングになってしまっていること自体がおかしいのです。リビングこそ、家族の個性が表れるべき場所。家族のライフスタイルによって、それこそ100家族あれば100通りのリビングがあって当たり前なのです。

『うち』らしいリビングの工夫
 リビングづくりの出発点は、家族としてどんな暮らしがしたいのか、どんな暮らしができるのか、を考えることに尽きます。食べることが好きなうちなら、わいわいと食べながらだんらんできるオープンキッチン中心のリビングにする。パソコンや読書、手芸など、それぞれに趣味を持つ家族なら、同じリビングという空間で楽しめるような各コーナーをつくる。「寝転んでテレビ」が快適なら、格好つけず畳敷きの茶の間にしてしまう。多目的なファミリースペースを設けたり、中庭やウッドデッキなど、求心力のある場を取り入れるのも効果的です。

 家族がごく自然に集い、つい長居してしまう場所こそ、家族を家族たらしめる空間。「わが家らしい」リビングでみんなで過ごした思い出は、いつまでも子どもの記憶に刻み込まれるに違いありません。